旬の野菜のすすめ

旬の野菜を工夫して取り入れてみよう!

パワフルな夏野菜

夏の野菜といえば、真っ赤に色づいたトマトやオレンジや黄色が映えるパプリカ、紫色が美しいナス、サヤや豆の緑色が美しい枝豆など、カラフルでポップな印象があります。野菜の色からも元気を分けてもらえそうです。そもそも、夏の旬の野菜は、果実を食す果菜が多いです。ジューシーな果肉には、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。トマトやキュウリのように、そのまま食べられる野菜も多く、調理も簡単に行うことができます。水分やカリウムを豊富に含んでいますので、夏バテの予防にも効果があります。

気温が上がる時期に成育するので、家庭菜園での栽培も比較的簡単にできます。特に、ゴーヤは、グリーンカーテンなどと称されて、春から初夏に種まきをして、窓辺に沿ってツルを這わせることにより、直射日光を防ぐことができます。手軽にできる魅力から、ゴーヤのカーテンを育てている方も多いです。直射日光を押さえられることにより冷房代が節約できるだけでなく、夏の旬の時期にはゴーヤの実も収穫できますので、ゴーヤチャンプルなどでいただくと良いですね。

このように、夏の日差しや暑さを受けて、色とりどりの野菜が育つので、夏の旬野菜はパワフルで力強くなるのです。暑い時期にもしっかりと栄養補給をしていきたいものです。