旬の野菜のすすめ

旬の野菜を工夫して取り入れてみよう!

秋の味覚

秋の魅力のひとつである食。秋は、実りの秋ともいわれており、多くの野菜が旬を迎えます。そのなかには、多くの根菜も含まれます。根菜の代表格であるニンジンは、カロテンが豊富な野菜です。皮に多く含まれているので、皮を剥かずに食べたり、薄く皮を剥いたりして食べることがおすすめです。

購入する際には、葉の切り口が小さいものを選ぶと良いでしょう。内部がみずみずしく、柔らかいので美味しく感じます。スーパー等に出回っているものは、甘みが強い西洋ニンジンが多いです。品種の改良が行われる中で徐々に甘みが強くなり、食べやすくなってきました。ニンジン嫌いのお子さんも、減ってきているかもしれません。

キノコも秋の代表的な旬の野菜です。自然の山の中で採れるキノコや、自然に近い形で栽培された原木シイタケなどは年々減少傾向にあり、貴重な存在となっています。特に、赤松の根元で採れるマツタケは、不作が続いています。国内産のマツタケは、ますます希少価値があがり、価格が上がっている状況です。同じキノコでも、工場等の菌床で栽培されるシメジやナメコ、エリンギなどのキノコは、価格が安定しており購入しやすい食材となっています。その他にも、秋に旬を迎える野菜はたくさんあり、食欲の秋を彩っています。